福神汽船株式会社

Corporate info 部門紹介

船舶管理部(工務関連)の事業内容をご紹介

ひとことで言うと「保船管理」が主な業務です。

船舶のハード面における管理として潜在的な危険や不具合を早期に発見し、
船体や機器に不具合、故障が発生する前に予防保全・予防措置を取ることで、
将来を見据えた安全運航とコストセーブの両立に努めています。

求められる知識や技術は多岐にわたります。
船体構造、塗装、材料、機関、電気といった技術的な事はもちろん、
国際条約、船級規則等の法規や用船契約書についての知識や理解も不可欠です。
加えて、用船社、造船所、機器メーカーなど社外の関係者と直接関わるため、
コミュニケーションスキルも重要になります。
理論だけではなく、置かれている状況や予算といった諸条件を分析する力、
また必要に応じて物事を素早く決断する力も求められます。

社内においては、安全運航に関し、技術的な立場からの提案や事例提示なども業務のひとつです。
上司や同僚との協議、また他部署との連携を図ることも重要となります。

修繕工事の立案、監督立会などの保船管理、新造船の建造にも携わり、
若いうちから責任ある仕事を担当することで、大きく成長できるチャンスが多々あります。

総合的な人間力が鍛えられる部署、それが私たち船舶管理部(工務関連)です。

女性機関士によるコンプレッサの保守点検機関士によるコンプレッサの保守点検
エンジンコントロール室にて(2等機関士と3等機関士)エンジンコントロール室にて(2等機関士と3等機関士)
レベルセンサー修理中レベルセンサー修理中
当社社長および幹部による造船所訪問当社社長および幹部による造船所訪問
機関部による補油作業機関部による補油作業
進水式進水式
取得済許可証 / 認証
船舶安全管理システム適合証書 取得 平成8年10月(日本海事協会)
環境マネジメントシステムISO14001認証 取得 平成19年2月
Copyright(C) 2016 FUKUJIN KISEN CO.,LTD. All rights reserved. 福神汽船株式会社